甘露泉水ツアー

 本日、甘露泉水ツアーに行ってまいりました。


 甘露泉水とは、利尻山への登山口である北麓野営場から緩やかな上り坂を約20分歩いたところに沸いている湧水で、日本名水百選にも選ばれている由緒正しいお水です。

 飲んでみると水が甘く感じることから甘露泉水との名前がついています。

 (が、現代っ子の私のバカ舌では甘みを感じ取れません・・・)


 それはさておき、私たち利尻はなガイドクラブは、北麓野営場を出発し、この甘露泉水まで水を汲んで戻ってくる、往復約1時間のツアーを行っています。

 実は、このルート、お水が汲めるだけが魅力ではありません。

 コースは、トドマツやエゾマツの茂る気持ちの良い原生林の中を歩きますし、その上、野鳥の宝庫とも言えるくらい鳥たちのさえずりが聞こえる場所なのです!そのため、バードウォッチャーの方々がカメラや双眼鏡を手に歩いてらっしゃるのをよく見かけます。


 今日ガイドさせていただいたお客様も、バードウォッチングがしたい!と自前の双眼鏡を手に北海道本島からいらっしゃいました。

 甘露泉水の少し上にあるあずまやの椅子に腰かけ、鳥のさえずりに耳を澄ませながら双眼鏡を覗き込み探すことしばし・・・

 今日は、コゲラを見ることができました!

 コゲラとは、スズメくらいの大きさの小さなキツツキです。

 甘露泉水の近くでは、ほかにも、アカゲラや体長4~50cmにもなるクマゲラといったキツツキを見かけることもあります。

 皆さんも甘露泉水に足を運ばれると、運が良ければ、クマゲラのドドドドドドドドドドドというドラミングの音(木をつつく音)が森中に響くのを聞けるかも!?


 そんな甘露泉水、お散歩に最適のコースですよー


BY しまもん

利尻はなガイドクラブ 公式ブログ

利尻はなガイドクラブの公式ブログです。 利尻島に咲いているお花やトレッキングツアーの様子等をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000