ポン山整備

 今日は午前中、本業のガイドはパスして別の作業をやってきました。

 ポン山という標高444mの山があるのですが、その山頂付近には貴重な植物が咲いており、その植物が踏まれないようにロープを張ったり目印を置いたりする作業を、環境省のアクティブレンジャー、利尻富士町役場の方、利尻富士町地域おこし協力隊の方と共同でやってきました。

 当ガイドクラブでは、個人ツアーのお客様をポン山までご案内することがありますので、自分が案内するところの整備は自分でやる、ということでこれも立派なガイドの仕事です。

 このように、ロープを張ったり石を並べたりしましたが、この写真を見ていると、石よりその後ろに綺麗に見えている利尻山の方に目が行きますよね!笑

 実はそれがポン山山頂の課題なのです。

 ポン山に登った方は「山頂とったどーーー!!」とテンション上がって利尻山の方ばかり見てしまうので、足元の石が目に入らずにガンガン貴重な植物を踏んでしまうんですよね。

 ですので、本当はそのあたりで拾った石で囲うだけでなくてもっとわかりやすく植物を保護する方法を採った方がいいんじゃないかなぁと個人的には思っているのですが、それはまた今後の課題ですかね。

 ポン山に登られるみなさんは、利尻山に心奪われる前に足元の石を気にして植物をいたわってあげてください。夏になればエゾタンポポという日本固有のタンポポやイワギキョウなんてお花も出てきて、山頂もにぎやかになることでしょう。


 詳しい作業の様子は利尻富士町のfacebookや当ガイドクラブのfacebookにも写真が載ってますのでそちらをご覧あそばせ。


BY しまもん

利尻はなガイドクラブ 公式ブログ

利尻はなガイドクラブの公式ブログです。 利尻島に咲いているお花やトレッキングツアーの様子等をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000