あしびきの…

 またもや南浜湿原、ヤマドリゼンマイが目立ち始めました。
 こちらのシダ植物がヤマドリゼンマイです。
 ゼンマイの葉っぱがこれからどんどん大きくなっていき、秋口には黄金色に紅葉するんですね。その頃の南浜湿原は見事ですよ!
 ちなみにヤマドリゼンマイの名前の由来は、ヤマドリゼンマイは真ん中の茎だけ濃い緑色をしているんですね。写真では分かりづらいですけど…
 これには胞子嚢が付いており、胞子を撒き散らす生殖器官になっています。
 この真ん中の茎が、ヤマドリの尻尾に似てることから付けられました。

 ちなみにヤマドリってこんな鳥です。
 ただ、利尻にはヤマドリはおそらくいません。

 私なんかヤマドリって聞くと、
  あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜を一人かも寝む
という百人一首の柿本人麻呂の歌を思い出してしまいます。

 たしかにヤマドリゼンマイの茎もながーいですね。今夜も長くなりそうです。


BY しまもん

利尻はなガイドクラブ 公式ブログ

利尻はなガイドクラブの公式ブログです。 利尻島に咲いているお花やトレッキングツアーの様子等をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000