きのこ、あります

 南浜湿原入ってすぐのデッキの左側にオノエヤナギの木が生えていますが、その幹をよく見ると、黄色っぽいきのこが生えています。これ以上近づけなかったので画質はこれで限界です。

 お客様にあのきのこ何?と聞かれてわからなかった私は、帰ってから色々調べてみました。

 すると、どうやらこのきのこは、ヌメリスギタケモドキというきのこのようです。


 ヌメリスギタケモドキ。ヤナギやポプラの木に多く生えるようで、北海道ではヤナギタケとも呼ばれる、そんなきのこです。

 本物のヌメリスギタケはぬめりけがあり、もう少し鮮やかな黄色い色をしています。ヌメリスギタケは非常に美味だといわれているキノコで、ヌメリスギタケモドキも本物のヌメリスギタケには及びませんが非常においしいそうです。

 ただ、南浜湿原でキノコを含めた植物の採取はご遠慮ください。

 もっとも、この写真のヌメリスギタケモドキは成長しすぎた「老菌」と呼ばれる状態になっており、とても食べられたものではありません。欲に駆られてきのこを食べるのはやめましょうね。

 (※あくまでも私個人がヌメリスギタケモドキではないかと判断しただけですので、正確ではない可能性があります。あしからず。)


BY しまもん

利尻はなガイドクラブ 公式ブログ

利尻はなガイドクラブの公式ブログです。 利尻島に咲いているお花やトレッキングツアーの様子等をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000