ヌメリ、ヌメリ。

 利尻はお盆を過ぎると秋だと言われております。確かにお盆過ぎると紅葉している植物も目立ち始めました。時の移ろいは早いですねー。


 秋と言えば、きのこですよきのこ。

 利尻でもきのこをちらほらと見かけるようになりました。しかし、私の力不足で、同定できないきのこがたくさんです。図鑑見てもいまいちわからないきのこが増えております。

 このあたりのきのこはちょっとわかりませんでした。ブログの読者の皆様のご卓見を賜りたく存じます。


 ただこのきのこは同定できました(おそらく)。

 おそらくヌメリササタケと呼ばれるきのこではないかと思います。一応食べられるきのこのようです。

 一般に、カサの表面にヌメリがあるきのこは食べられるものが多いと言われております。確かにナメコ、ヌメリスギタケ、天然のエノキタケ等はぬめりがありますね。

 

 ということで、自信があり、自己責任の覚悟がある方は、きのこ図鑑を片手に山へ繰り出してもいいかもしれませんね!

 ただし、国立公園内は植物の持ち帰りは禁じられていますのであしからず。



BY しまもん

利尻はなガイドクラブ 公式ブログ

利尻はなガイドクラブの公式ブログです。 利尻島に咲いているお花やトレッキングツアーの様子等をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000